… 困った、そんな時

外部委託の要因

私たちは、様々な場面・方面での支援が可能です。お客様とともに最善を追求します
検体保管を外部委託するケースとは…

“ 検体保管をしたいが、現在保管設備がなく、そのために新たな設備投資が困難である….”

“ 所有する保管設備のキャパシティが限界に達した。あるいは限界に達する恐れがある….”

“ 所有する保管設備にトラブルが発生し、一時的に避難が必要である….”

“ 一時的に多くのサンプルを保管する必要がある….”

“ 非常に重要な検体なので、セキュリティの高い環境で保管しておきたい….”

“ 新薬開発のために、品質保証された検体保管が必要である….”

“ 不測事態のバックアップのため、複数の保管施設に検体を保管しておきたい….”

“ 日常的に検体の入庫・出庫、保管管理などを行うリソースを確保できない….”

“ 検体管理の手順確立や作業者の教育・訓練など、内部で行うための経験もノウハウもない….”

“ 緊急時の対応が困難なので、安心できる所に保管しておきたい….”

まずは、ご相談ください

戦略的にご支援します

検体保管管理およびこれに附帯関連する業務まで、幅広くご支援することが可能です
サービスに関するご質問や御見積依頼等、下記お問合せより承っております
まずはお気軽にご連絡ください